親が子供にしてほしいアルバイト職種

親が子供にしてほしいアルバイト職種

37歳 女性の話「私は学生時代に色々な職種のアルバイトをしていました」

私は学生時代に色々な職種のアルバイトをしていました。
パン屋、ファミリーレストラン、スーパーのレジ係り、ガソリンスタンドの店員などなど。アルバイトをしていた理由は、交通費と本代そして自分の小遣いを稼ぐためでした。

親には学費で相当な負担をかけているので、それ以外は自分で何とかしようと思っていたのです。
その頃、私は両親から、会社の経理や事務のアルバイトはないのか?そういうアルバイトをしたらどうだ?とよく言われました。
なぜだろう?と当時は不思議でしたが、今になって両親の気持ちがよく分かります。私の両親は将来の為に、経理や事務のアルバイトを経験した方が良いと考えたのでしょう。そして簿記などの資格も一緒に取って欲しいと思っていたのでしょう。就職活動の時に経験や資格があれば有利ですからね。
でも私はデスクワークの仕事は苦手だったので、体を動かす仕事や接客業を中心にアルバイトを探していました。
親の心子知らず、ですね。

でも、学生時代に接客業を経験したお陰で、私は人と接する仕事がしたいと思うようになりました。
今は雑貨店の店員をしています。仕事はハードですが自分がなりたいと思えた職種に就けたのは、学生時代に色々なアルバイトを経験したお陰だと思います。

Copyright (C)2017親が子供にしてほしいアルバイト職種.All rights reserved.