親が子供にしてほしいアルバイト職種

親が子供にしてほしいアルバイト職種

20歳 男性の話「アルバイトを通して、多くの人が仕事というものを初めて経験します」

アルバイトを通して、多くの人が仕事というものを初めて経験します。当然、子供にとって重要な経験になることは言うまでもありません。私は今までにいくつかのアルバイトをしてきました。
その経験の中で、もっとも後に影響を与えたのが接客業だと思います。私は接客業を子供に一度はして欲しいと考えています。
理由はまず、その多さです。
コンビニ、ファミレスなどが数多く進出する昨今、町を歩けばすぐに接客スタッフの募集が目に付きます。見つけやすさは一番です。
そして、お客様主体の考え方、敬語、マナー、思いやりなどの社会に出る上で大切な要素を求められる職種であるという事。求められるという事は学べる機会を得るという事です。
これは子供の大きな経験になります。更にその業務の奥深さが挙げられます。接客業では常にお客様から要求をされます。会計、商品の検索、商品の説明etc。要求は業務内容によって様々ですが、常に自分が頼られる側であるのです。
その責任とやりがいを感じる事が大いに出来ると思います。
私はとある書店で働いていました。
どんな仕事をしていても、お客様からの要望があればすぐに答えなくてはなりません。書店の特性上、本を探す事が多かったのですが、当初はなかなか素早く見つける事が出来ませんでした。
バイト終わりに棚を整理しながら覚えるなどして、段々と向上させていったのです。
接客業では、いつでもお客様の要求に応えられるよう、日頃から心掛けていかねばなりません。難しい事です。
ですが、その分感謝された時の嬉しさは大きい。とてもやりがいのある仕事だと思います。
何より、生きている限り、接客は何らかの形で受け続ける身近なものです。
その立場に立ってみるという経験をする事で、世間を見る視点も広くなることでしょう。

Copyright (C)2017親が子供にしてほしいアルバイト職種.All rights reserved.